Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

メニュー メニュー
  1. TOP
  2. 製品情報
  3. フィコンパ
  4. てんかん診療に関するお役立ち情報
  1. TOP
  2. 製品情報
  3. フィコンパ
  4. てんかん診療に関するお役立ち情報

てんかん診療に関するお役立ち情報

更新情報
2020年1月27日 「ダウンロードコンテンツ」2本、「動画コンテンツ」4本を追加しました。

Pick Up

医師会員限定

小児てんかん患者(4歳以上12歳未満)を対象としたペランパネル併用療法の臨床第III相試験(日本を含む国際共同試験、311試験)

独立行政法人国立病院機構
静岡てんかん・神経医療センター 院長

高橋 幸利先生

医師会員限定

ペランパネルの部分発作に対する単剤療法~臨床第Ⅲ相試験(日本を含む国際共同試験、342試験)の解説~

聖隷浜松病院 副院長・てんかんセンター

山本 貴道先生

医師会員限定

こんな症状のときは"高齢発症てんかん"を疑ってみる10のチェックリスト

東京女子医科大学東医療センター
脳神経外科 講師

TMGあさか医療センター
脳神経外科 臨床顧問

久保田 有一先生

医師会員限定

ペランパネルの部分発作に対する単剤療法~臨床第Ⅲ相試験(日本を含む国際共同試験、342試験)の解説~

新宿神経クリニック 院長

渡辺 雅子先生

<
>

< 気づいてほしい、この発作 >
てんかんの発作は全身のけいれんだけではありません

気づいてほしい、この発作 ~全身けいれんだけではない、発作の症状~ 気づいてほしい、この発作 ~全身けいれんだけではない、発作の症状~

さまざまな種類の発作があります。そして、
同じ患者様では、同じてんかん症状が現れます。

詳細はコチラ会員限定
単純部分発作(焦点意識保持発作)
発作中の意識は保たれている。あるはずのない光や物が見えたり、不安や恐怖感に襲われることもあれば、こみ上げる胃部不快感などの症状が見られる。
複雑部分発作(焦点意識減損発作)
発作中の意識は失われていたり途切れたりしている。一点をじっと凝視するような状態や、口をクチュクチュと動かしたり、手をもぞもぞ動かすような症状が見られる。

てんかんとAMPA受容体との
関わりについて

  • グルタミン酸受容体のサブタイプ
  • 抗てんかん薬の作⽤機序
  • AMPA受容体の構造(ラット)
  • AMPA受容体の分布<海外データ>
  • AMPA受容体の数の変化はシナプスを増強?
  • てんかん脳焦点切除標本ではAMPA受容体の発現亢進が認められる<海外データ>(扁桃体)

ダウンロード コンテンツ

てんかん診療・講演会でお使いいただける
動画・PPT・PDFを
ダウンロードできます

ダウンロードページは
コチラ会員限定

フィコンパの使用に関する情報

クリニシアン てんかん特集

「クリニシアン」は、エーザイ株式会社発刊の定期刊行誌です。
臨床医家の先生方に、日常の診療でお役に立つ最新の医薬医療情報をお届けしたいと考えております。創刊は昭和28年。平成28年度より年間8回発刊いたしております。

クリニシアン673号(2019年6月1日号)

特集:てんかん診療のパラダイムシフト

会員限定

クリニシアン665号(2018年6月1日号)

特集:けいれん、意識障害を考える

会員限定

クリニシアン657号(2017年6月1日号)

特集:プライマリケア医に知ってほしいてんかん

会員限定

クリニシアン649号(2016年6月1日号)

特集:これからのてんかん医療-ペランパネルへの期待-

会員限定
<
>