Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

メニュー メニュー
ここからメインコンテンツ
ここからメインコンテンツ

不眠症の原因と症状

不眠症の原因と症状 不眠症の原因と症状

不眠症の原因

不眠症は様々な原因により起こります。その原因は大きく5つに分けられます。

不眠症の原因 図
  1. 1:身体的原因

    さまざまな身体的疾患や、その症状(痛み、かゆみ、咳、頻尿、発熱)が原因で起こる不眠。

  2. 2:薬理学的原因

    アルコールやカフェインなどの嗜好品に含まれる成分や、治療のため服用している薬(降圧剤、アレルギー薬、ステロイド薬など)が原因で起こる不眠。

  3. 3:精神医学的原因

    アルコール依存症、不安、パニック障害、大うつ病などが原因で起こる不眠。

  4. 4:心理学的原因

    ストレス、重篤な疾患、人生の大変化などが原因で起こる不眠。

  5. 5:生理学的原因

    ジェット時差(時差ぼけ)、交代勤務、短期の入院などが原因で起こる不眠。

不眠症の症状

不眠症の症状として大きく分けて4つのタイプがあります。 患者さまによって1つの症状の場合もありますし、2つ以上の症状が当てはまる場合もあります。

不眠症の4つのタイプ

下記のような症状が、1ヵ月以上続き、社会生活に支障がある場合を「不眠症」といいます。

  • 入眠障害

    床に入ってもなかなか寝つけない、眠りにつくのに30分~1時間以上かかり、それを苦痛と感じる。

    入眠障害 イメージ
  • 中途覚醒

    夜中に何度も目が覚めて、その後、なかなか寝つけない。

    中途覚醒 イメージ
  • 早朝覚醒

    朝早く目が覚めて、もう一度眠ることができない。

    早朝覚醒 イメージ
  • 熟眠障害

    睡眠時間は十分なのに、ぐっすり眠った感じが得られなかったり、眠りが浅いと感じる。

    熟眠障害 イメージ