Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

メニュー メニュー
検索
  1. TOP
  2. 製品情報
  3. マクサルト
  4. 頭痛の基礎知識
  5. 頭痛の分類
ここからメインコンテンツ
ここからメインコンテンツ

頭痛の分類

一次性頭痛と二次性頭痛の鑑別

頭痛の原因は様々であり、痛みの強さ、痛む部位、持続時間など、症状も人により異なります。中には、生命が脅かされるような危険な頭痛もあり、また治療法も異なってくるので、そのタイプを鑑別することは非常に重要です。

頭痛の分類と診断は、国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)に則って行います。 2)

頭痛は、他の疾患のない「一次性頭痛」と、他の疾患に起因する「二次性頭痛」の 2つのタイプに分けられます。頭痛患者のおよそ9割は一次性頭痛であり、二次性頭痛は1割程度であるといわれています。しかし、二次性頭痛の原因の中には、くも膜下出血のような「見逃されると死につながる頭痛」が含まれているので、以下のような二次性頭痛の特徴を念頭に置き、危険な頭痛を察知する必要があります。

二次性頭痛が疑われる症状 1)

  1. 突然の頭痛
  2. 今まで経験したことがない頭痛
  3. いつもと様子の異なる頭痛
  4. 頻度と程度が増していく頭痛
  5. 50歳以降に初発の頭痛
  6. 神経脱落症状を有する頭痛
  7. がんや免疫不全の病態を有する患者の頭痛
  8. 精神症状を有する患者の頭痛
  9. 発熱・項部硬直・髄膜刺激症状を有する頭痛
主な二次性頭痛:高血圧、脳出血、脳腫瘍、くも膜下出血、慢性硬膜下出血、脳梗塞、髄膜炎

国際頭痛分類第3版beta版 2013(ICHD-3β)の頭痛分類

一次性頭痛 3)

  1. 片頭痛
  2. 緊張型頭痛
  3. 三叉神経・自律神経性頭痛(TACs)
  4. その他の一次性頭痛疾患

二次性頭痛 3)

  1. 頭頸部外傷・傷害による頭痛(例:外傷後頭蓋内血腫による頭痛)
  2. 頭頸部血管障害による頭痛(例:くも膜下出血)
  3. 非血管性頭蓋内疾患による頭痛(例:脳腫瘍)
  4. 物質またはその離脱による頭痛(例:薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛))
  5. 感染症による頭痛(例:髄膜炎)
  6. ホメオスターシス障害による頭痛(例:高血圧)
  7. 頭蓋骨、頸、眼、耳、鼻、副鼻腔、歯、口あるいはその他の顔面・頸部の構成組織の障害による頭痛あるいは顔面痛(例:顎関節症)
  8. 精神疾患による頭痛(例:心身症)

有痛性脳神経ニューロパチー、他の顔面痛およびその他の頭痛 3)

  1. 有痛性脳神経ニューロパチーおよび他の顔面痛(例:三叉神経痛)
  2. その他の頭痛性疾患

頭痛診療のためのレベル診断

国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)は、階層的な分類(hierarchical classification)が採用されています(グループ → タイプ → サブタイプ → サブフォーム)。通常の一般診療では、1桁(タイプ)または2桁(サブタイプ)までの診断で可能ですが、専門診療、頭痛センター等の診療では3桁(サブフォーム)レベルまでの診断が推奨されています。 3)

参考文献

1)
日本頭痛学会:P6 , I. 頭痛一般 I-2 一次性頭痛と二次性頭痛はどう鑑別するか , 慢性頭痛の診療ガイドライン , 医学書院 , 2006.
2)
日本頭痛学会:P3 , I. 頭痛一般 1 頭痛はどのように分類し診断するのでしょうか , 慢性頭痛の診療ガイドライン市民版 , 医学書院 , 2014.
3)
日本頭痛学会:国際頭痛分類第3版beta版 , 医学書院 , 2014.