Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

メニュー メニュー
  1. TOP
  2. 製品情報
  3. マクサルト
  4. マクサルトについて
  5. マクサルトRPD錠の服用指導
ここからメインコンテンツ
ここからメインコンテンツ

マクサルトRPD錠の服用指導

片頭痛は発作時に悪心・嘔吐を伴うことが多く、生活に支障をきたします。マクサルトRPD錠は、口に入れると瞬時に崩壊するため水なしで、いつでもどこでも容易に服用できます。

また、マクサルトRPD錠をはじめとするトリプタン製剤は、片頭痛の起こる前に服薬しても効果はありません。痛みが始まってから30分以内に服薬すると最も効果が高いため、予兆期の肩こりなどの痛みと片頭痛の痛みをうまく区別し、頭痛発現早期の服用を患者さんへ指導する必要があります。



印刷ボタンをクリックすると、下記の指導用画面を印刷することができます。

印刷する

マクサルトRPD錠10mgを服用される方へ

マクサルトは、片頭痛による痛みを和らげるお薬です。次のことを守って服用してください。 服用するときの注意 マクサルトRPD錠10mgの飲み方 ケースの開け方 お薬の取り出し方

INFORMATION

RPD錠は3錠分が1ケースに入っております。
処方単位により端数がでたときのために、2錠用ケースを別途ご用意しております。
ご入用の場合は、弊社MRにお問い合せいただくか、お問い合せフォームよりご連絡ください。