Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

メニュー メニュー

慢性便秘症診療に関するお役立ち情報

更新情報
2020年6月23日「慢性便秘症診療に関するお役立ち情報」を公開しました。

グーフィスの特徴

  • 世界初の胆汁酸トランスポーター阻害剤です。
  • 回腸末端の胆汁酸トランスポーターへ直接作用し、体内へ
    の吸収はわずかです。
  • 大腸に流入した胆汁酸により、水分分泌と大腸運
    促進の2つの作用で排便効果を促します。
  • 投与方法は10mgを1日1回食前経口投与であり、用量の
    適宜増減(最高用量15mg/日)が可能です。
  • 国内第III相臨床試験において、早期からこのような
    優れた改善効果を示しました。

  • 承認時までの国内臨床試験で慢性便秘患者を対象に安全
    性を評価した631例中292例(46.3%)に副作用(臨床検
    査値異常を含む)が認められました。
    主な副作用はDIページをご参照ください。

  • 長期投与試験において(52週間)、良好な排便状況
    が維持されました。