Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

文字
A
A
閉じる 閉じる
ここからメインコンテンツ
ここからメインコンテンツ

アールティ

アールティ』は診療放射線技師の先生方を対象として,話題の放射線科学,技術の解説をはじめ実践検査のノウハウなどを紹介する放射線医学領域の情報誌として2002年5月より創刊いたしました。

アールティ』は下記のような話題をお届けいたします。

アールティ表紙
  • 『アールティ』は以下のような話題をお届けします。
  • Topics:話題性の高い最新のテーマにスポットを当て複数の視点から解説
  • Key Word:日常診療に必要なテーマ・用語の解説
  • Routine & Idea:施設独自のルーチンワークと工夫の紹介
  • Seminar Reports:地域別に開催される研究会の紹介や技師会の活動紹介
  • Interview:特徴のある施設の放射線部の紹介
  • その他、エーザイ株式会社が共催させていただいているCTテクノロジーフォーラムやマルチモダリティーシンポジウム“Versus”の講演記録など

本Webサイトでは発刊済みのバックナンバーを順次アップしてまいります。“あの検査方法を今日の検査に役立てたい”と思い出したときなどにご活用いただければ幸いに存じます。
私共は、診療放射線技師の先生方のお取り組みを幅広くご紹介することを通じて、先生方の日常検査をサポートできればと考えております。
なお、この本誌は、エーザイ株式会社の企画・発行、株式会社メディカルトリビューンが編集を担当いたしております。

Get Reader

※本文はPDFファイルです。PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobeサイトよりプラグインをダウンロードしてご利用ください。

INDEX

アールティ No.70(December , 2021)

詳しく見る

アールティ表紙

19th CT Technology Forum

■巻頭言

第19回CTテクノロジーフォーラムを開催して

■教育講演

CTの新しい診断参考レベルの概要および線量の最適化に向けた活用法

■オムニバスセッション

  1. 1. 線量管理の時代に活きる頭部CT
  2. 2. 線量管理部門との連携における腹部CT検査の最適化
  3. 3. 心臓CTのサスティナビリティを線量情報から考える
  4. 4. DRLだけでは表現できない小児領域の世界

■特別講演

低被ばく化したCT技術をどう使う?
~ Physiologicalな循環器CTを目指して~

バックナンバー
|   No.60-No.69  
|   No.50-No.59  
|   No.40-No.49  
|   No.30-No.39  
|   No.20-No.29  
|   No.10-No.19  
|   No.1-No.9   |