Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

文字サイズ
標準
拡大
閉じる 閉じる
ここからメインコンテンツ
ここからメインコンテンツ
INDEX

アールティ No.49(March , 2011)

詳しく見る

アールティ表紙

特集

第8回 マルチモダリティーシンポジウム“Versus”
骨・関節

■特別講演

今知っておきたい単純X線撮影技術

■シンポジウム

骨・関節

■特別講演

骨関節疾患の画像診断 —モダリティー別の有用性と画像作成のポイント—

アールティ No.48(November , 2010)

詳しく見る

アールティ表紙

特集

第8回 CTテクノロジーフォーラム

■フレッシャーズコース

CTの時間にまつわるetc —物理特性から臨床まで—

■電子アンケート報告

胸部造影CT検査

■シンポジウム 1

頭頸部領域

■シンポジウム 2

胸部領域・大血管

■シンポジウム 3

体幹部

■特別講演

救急放射線診断の役割 —診療放射線技師に期待するもの—

アールティ No.47(September , 2010)

詳しく見る

アールティ表紙

特集

最新多列CTにおける心・血管撮影

R.T.ルーチンワークと工夫

イオメロン®350注シリンジ135mL製剤の使用経験
3T MRIにおける3次元高速スピンエコー法(SPACE)の活用について
Leksell Gamma Knife Perfexionの使用経験

研究会紹介

第2回MRI advanced technology seminar


アールティ表紙

特集

第7回 マルチモダリティーシンポジウム“Versus”
心臓再考

■特別講演

知っておきたい心電図

■シンポジウム

心臓再考

■特別講演

心臓画像診断の進歩がもたらしたもの

アールティ No.45(January , 2010)

詳しく見る

アールティ表紙

R.T.ルーチンワークと工夫

  1. 天理よろづ相談所病院における320列CTの使用経験について
  2. 64列心臓CTの工夫
  3. 高容量造影剤の有用性
  4. CT血管造影の成功率を高めるポイントと下肢動脈撮影プロトコルについての考察
  5. 市立函館病院における乳腺MRI撮像法について
  6. 造影剤急速注入法を用いたAdamkiewicz動脈のMRAについて
  7. Elekta Synergyの使用経験

アールティ No.44(November , 2009)

詳しく見る

アールティ表紙

特集

第7回 CTテクノロジーフォーラム
頭部:撮影から臨床まで追求する

■フレッシャーズコース

脳神経領域における 3 次元画像処理のコツ

■電子アンケート報告

頭部領域

■シンポジウム 1

明日から使える頭部CT

■シンポジウム 2

CT Perfusion

■教育講演

頭部領域におけるMRIのポテンシャル

■特別講演

脳神経領域の三次元画像

アールティ No.43(August , 2009)

詳しく見る

アールティ表紙

特集

肝3D-CTに求められる至適造影法

■アンケート報告

第6回 CTテクノロジーフォーラム 電子アンケート

R.T.ルーチンワークと工夫

定位放射線治療計画における追加投与造影MRIの有用性
造影CT,造影MRI検査時の腎機能評価の現状調査

研究会紹介

第1回 MRI advanced technology seminar

R.T.訪問

筑波メディカルセンター病院

アールティ No.42(April , 2009)

詳しく見る

アールティ表紙

特集

第6回 マルチモダリティーシンポジウム“Versus”
腹部の痛みを探る

■シンポジウム

痛みを追求する画像診断

■特別講演

救急医療を変えたMDCT

アールティ No.41(October , 2008)

詳しく見る

アールティ表紙

特集

第6回 CTテクノロジーフォーラム

■フレッシャーズコース

心臓CTの基礎

■シンポジウム

心臓

■基調講演

大血管・抹消血管

■教育講演

心臓MRIの現状と将来展望

■特別講演

循環器医からみた冠動脈MDCT


アールティ表紙

特集

5 回 マルチモダリティーシンポジウム"Versus"

血管を診る

シンポジウム 1 描出の限界を探る

シンポジウム2  プラークを診る

特別講演 大動脈治療の最前線

バックナンバー
|  No.50-No.59  
|  No.40-No.49  
|  No.30-No.39  
|  No.20-No.29  
|  No.10-No.19  
|  No.1-No.9  |