Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

メニュー メニュー
検索
  1. TOP
  2. 指導箋
  3. Hospha
  4. Curator Column キュレーターコラム
ここからメインコンテンツ
ここからメインコンテンツ
Hospha(ホスファ)
最新号へ
INDEX
Pharmacist Eye 症例を考察する
My Stance 巻頭インタビュー
Hot Field チーム医療の現場から
From Doctor 診療科へようこそ
Curator Column キュレーターコラム
話題の小箱
ビジュアル de 病態
Hospha pick up
モノローグ
Information
視点論点
お知恵を拝見
Next approach ネクストアプローチ
Back number
Curator Column キュレーターコラム
2018年NO.4<vol.28>
その名の由来は、「いろは歌」—ヘチマ
2018年NO.3<vol.28>
向きを変えるのは、成長期のうちだけ—ヒマワリ
2018年NO.2<vol.28>
甘く、かわいらしくても、ほとんどがオス—ジンチョウゲ
2018年NO.1<vol.28>
清楚な佇まいで、春を告げる雪中花—スイセン
2017年NO.4<vol.27>
咳やのどの痛みに効く『割けたリンゴ』—カリン
2017年NO.3<vol.27>
夏にぴったり、ピリリと辛い—粒サンショウ
2017年NO.2<vol.27>
浴用効果は、葉より根にあり—ショウブ
2017年NO.1<vol.27>
塗ってよし、飲んでよしの縁起物—アカマツ
2016年NO.4<vol.26>
葉で夏の疲れを癒し、果実でアンチエイジング—ビワ
2016年NO.3<vol.26>
季節の変わり目の体調維持に、食前の一杯—アンズ
2016年NO.2<vol.26>
雪の下から顔をのぞかせ、早春を告げる—フキ
2016年NO.1<vol.26>
病院と縁遠い、艶やかな園芸植物—ツバキ
2015年NO.4<vol.25>
痛みを和らげる、勝利の象徴—ゲッケイジュ
2015年NO.3<vol.25>
美しい花には、毒がある?―アジサイ
2015年NO.2<vol.25>
ウナギに肩を並べる甘い果実—モモ
2015年NO.1<vol.25>
見て良し、食して良しの多年草—ハス
2014年NO.4<vol.24>
弱った肝臓には要注意—ウコン
2014年NO.3<vol.24>
万葉の時代から人々を魅了する蝶形花—フジ
2014年NO.2<vol.24>
桜前線で春を告げる、淡桃色の五弁花—ソメイヨシノ
2014年NO.1<vol.24>
難を転ずる、縁起植物—ナンテン
2013年NO.4<vol.23>
夏の疲れにさわやかな酸味を—ユズ
2013年NO.3<vol.23>
花を隠す「禁断の果実」—イチジク
2013年NO.2<vol.23>
生活になじみ、健康を支える—チャノキ
2013年NO.1<vol.23>
果実を食し、果皮を服す—ウンシュウミカン
2012年NO.4<vol.22>
健康増進を促す秋の風物詩—イチョウ
2012年NO.3<vol.22>
痛みを和らげる寡黙な果実―クチナシ
2012年NO.2<vol.22>
早春に咲く、純白の田打ち桜―コブシ
2012年NO.1<vol.22>
古くから親しまれる春告花―ウメ
2011年NO.4<vol.21>
古来より親しまれる民間薬―ゲンノショウコ
2011年NO.3<vol.21>
香り豊かなリラックスハーブ―カモミール
2011年NO.2<vol.21>
女性を癒やす『花の王』―ボタン
2011年NO.1<vol.21>
お腹を守る、健康果実―ダイダイ
2010年NO.4<vol.20>
色と香りの多年草―サフラン
2010年NO.3<vol.20>
衣食住をささえる万能植物―クズ