Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ Medical.eisai.jp 医療関係者の皆様へ

メニュー メニュー

UPDRSのスコア表

UPDRS PartⅠ 及び Ⅱ のスコア表

PartⅠ. 精神機能、行動および気分(合計点16点)

1知的機能の障害
0なし
1軽度。健忘が一貫してみられるが、部分的に思い出す。他の障害はない。
2中等度の記憶障害と見当識障害あり。複雑な問題への対処に中等度の障害。家庭内でも軽度ながら明らかに障害あり、ときに介助を必要とする。
3重篤な記憶障害。時間と場所に対する見当識障害。問題への対処に重篤な障害。
4重篤な記憶障害。見当識は人に対してのみ保たれている。判断や問題解決は不可能。身の回りのことにもかなりの介助が必要で、ひとりにしておけない。
2思考の障害(認知症または薬物の副作用による)
0なし
1生々しい夢をみる。
2良性の幻覚。幻覚であることはわかっている。
3時々あるいは、しばしば幻覚・妄想がある。病識がなく、日常生活に支障をきたすことがある。
4持続的に幻覚・妄想あるいは増悪期精神症がある。自力で社会生活ができない。
3抑うつ
0なし
1時に通常以上の悲しみや罪悪感に悩まされる。数日や数週続くことはない。
21週間以上抑うつ状態が続く
3不眠、食欲不振、体重減少、興味の消失を伴う抑うつ状態。
4上記の症状に自殺念慮あるいは自殺企図を伴う。
4意欲・自発性
0正常
1通常より受動的。より消極的。
2選択的な(ルーチンではない)活動への意欲、興味の喪失。
3日常生活動作(ルーチン)への意欲、興味の喪失。
4引きこもり、意欲の完全な消失。

PartⅡ. 日常生活動作(オン・オフ 時に分けて評価)(合計点52点)

5会話
0正常
1軽度の障害。理解するのに支障なし。
2中等度の障害。時々もう一度くり返すように頼まれる。
3高度の障害。頻繁にもう一度くり返すように頼まれる。
4ほとんど聞き取り不可能。
6流涎
0正常
1軽度に唾液が増加。夜間に流涎を見ることがある。
2中等度に唾液が増加。流涎はごくわずか。
3高度に唾液が増加。時に流涎。
4高度に唾液が増加。流涎のためにティッシュやハンカチを常に必要とする。
7嚥下
0正常
1まれにむせる。
2時々むせる。
3柔らかい食事にしないとむせる。
4鼻管や胃瘻による経管栄養。
8書字
0正常
1軽度に遅いか字が小さい。
2中等度に遅いか字が小さい。すべての字は読める。
3高度に障害。読めない字がある。
4字のほとんどは読めない。
9食事、食器の扱い
0正常
1やや遅くぎこちないが、介助は必要ない。
2遅くぎこちないが、たいていの食事は箸やナイフ、フォークで食べられる。時に介助を必要とする。
3食事は誰かに切ってもらう必要はある。遅いが食べられる。
4介助で食べさせてもらう必要がある。
10着衣
0正常
1やや遅いが、介助は必要ない。
2ボタンを留める、そでに腕を通す時などに介助を必要とする。
3自分でできることもあるが、かなり介助を必要とする。
4自分では何もできない。
11衛生(入浴・トイレ)
0正常
1やや遅いが、介助は必要ない。
2シャワーや入浴に介助を必要とする。動作はとても遅い。
3洗顔・歯磨き・整髪・浴室に行く際に介助を必要とする。
4膀胱カテーテルやその他補助器が必要。
12寝返りおよびふとんを直す
0正常
1やや遅くぎこちないが、介助は必要ない。
2ひとりで寝返りをうったり、ふとんを直せるが、たいへんな努力を必要とする。
3寝返りやふとんを直す動作は始められるが、一人ではできない。
4自分ではまったくできない。
13転倒(すくみ現象とは関係なしに)
0なし
1まれに転倒。
2時々転倒、1日に1回以内。
3平均して1日1回転倒。
41日1回以上転倒。
14歩行中のすくみ
0なし
1歩行中にまれにすくみ。歩き始めにすくむことがある。
2時々、歩行中にすくむ。
3頻繁にすくみ、時に転倒する。
4頻繁にすくみ、転倒する。
15歩行
0正常
1軽度の障害。腕の振りがなかったり、足を引きずることがある。
2中等度の障害。しかし介助はほとんど必要ない。
3高度の障害。介助を必要とする。
4介助があっても歩行不能。
16振戦
0なし
1軽度。まれにある。
2中等度。患者にとっては気になる。
3高度。多くの日常生活動作の障害となる。
4著明。ほとんどの日常生活動作の障害となる。
17パーキンソニズムに関連した感覚障害
0なし
1時々しびれ、ちくちく、または軽度の痛みを感じる。
2頻繁にしびれ、ちくちく、または痛みを感じる。苦痛ではない。
3頻繁に痛みを感じる。
4耐え難い痛み。

Fahn S, Elton R, Members of the updrs Development Committee. In: Fahn S, Marsden CD, Calne DB, Goldstein M, eds. Recent Developments in Parkinson’s Disease, Vol 2. Florham Park, NJ. Macmillan Health Care Information 1987, 153-163, 293-304.

UPDRS PartⅢのスコア表(合計108点)

PartⅢ. 運動機能(オン時に検査する)

18言語
0正常
1表現、用語、声量に軽度の障害がある。
2中等度の障害。単調で不明瞭だが理解できる。
3高度の障害。理解が困難。
4理解不能。
19顔の表情
0正常
1わずかに表情が乏しい。ポーカーフェイス。
2軽度だが明らかな表情の乏しさ。
3中等度の表情の乏しさ。口を閉じていない時がある。
4仮面様で、ほとんど表情がない。口は0.6cm以上開いている。
20安静時振戦(顔面、左手、右手、左足、右足)
0なし
1わずかの振戦が、時にみられる程度。
2軽度の振幅の振戦が持続的に出現。または中等度の振幅の振戦が時々出現する。
3中等度の振戦が大部分の時間に出現。
4高度の振戦が大部分の時間に出現。
21手の動作時振戦または姿勢時振戦
0なし
1軽度。動作に伴って起こる。
2中等度の振幅。動作に伴って起こる。
3中等度の振幅。動作時、姿勢保持時に起こる。
4高度の振幅。食事の動作が障害される。
22(筋)強剛(患者は座位で安静にしている。主要な関節で判断する。歯車現象は関知しない)(頸部、左上肢、右上肢、左下肢、右下肢)
0なし
1軽微またはミラームーブメントや他の運動で誘発できる程度。
2軽度ないし中等度の(筋)強剛。
3高度の(筋)強剛。しかし関節可動域は正常。
4著明な(筋)強剛。関節可動域に制限あり。
23指タップ(親指と示指をできる限り大きな振幅で素早くタップする。左右別々に)(左手、右手)
0正常
1やや遅いか、振幅が小さい。
2中等度の障害。疲れやすい。時々動きが止まることがある。
3高度の障害。動作開始時にしばしばすくむ。または動作中に止まる。
4ほとんどできない。
24手の運動(できるだけ大きく、素早く手の開閉をくり返す。左右は別々に)(左手、右手)
0正常
1少し遅いか、振幅が小さい。
2中等度の障害。すぐ疲れてしまう。時に運動が止まることがある。
3高度の障害。しばしば開始時にすくみ、運動が止まる。
4ほとんどできない。
25手の回内・回外運動(垂直や水平の位置で、できるだけ大きく。両手を同時に)(左手、右手)
0正常
1やや遅いか、振幅が小さい。
2中等度の障害。すぐ疲れてしまう。時に運動が止まる。
3高度の障害。しばしば開始時にすくみ、運動が止まる。
4ほとんどできない。
26下肢の敏捷性(下肢をあげてかかとで床をタップする。かかとは7.5cm 以上あげる)(左下肢、右下肢)
0正常
1やや遅いか、振幅が小さい。
2中等度の障害。すぐ疲れてしまう。時に運動が止まる。
3高度の障害。しばしば開始時にすくみ、運動が止まる。
4ほとんどできない。
27イスからの立ち上がり(背もたれ付きのイスから腕を組んだまま立ち上がる)
0正常
1遅い。または一度ではうまくいかないことがある。
2立ち上がるのに肘掛けに腕をつく必要がある。
3一度ではうまくいかず、イスにふたたび倒れ込むことがある。しかし、介助なしで立ち上がれる。
4介助なしでは立ち上がれない。
28姿勢
0正常
1軽度の前屈姿勢。高齢者では正常な程度。
2中等度の前屈姿勢。明らかに異常。一側にやや傾くこともある。
3高度の前屈姿勢、脊柱後彎(亀背)を伴う。一側に中等度に傾くこともある。
4高度の前屈姿勢。極端に異常な前屈姿勢。
29歩行
0正常
1歩行は緩慢。歩行は小刻みでひきずることもある。加速歩行や前方突進はない。
2歩行は困難を伴うが、介助は必要ない。加速歩行や前方突進あり。
3高度の障害。介助を必要とする。
4介助があっても歩行不能。
30姿勢の安定性(後方突進現象)
0正常
1後方突進現象があるが自分で立ち直れる。
2後方突進現象。支えなければ倒れてしまう。
3きわめて不安定。自然にバランスを失う。
4介助なしでは立てない。
31運動緩慢、運動減少(運動緩慢、躊躇、腕振りの減少、運動の振幅の減少と運動量の減少を総合的に評価する)
0なし
1わずかに緩慢。ゆっくりとした動作。人によっては正常のこともある。運動の振幅がやや小さいこともある。
2軽度の運動緩慢。運動量が明らかに低下している。運動の大きさがやや低下。
3中等度の運動緩慢。中等度に運動量が低下、または運動の大きさが低下。
4高度の運動緩慢。高度に運動量が低下。または運動の大きさが低下。

Fahn S, Elton R, Members of the updrs Development Committee. In: Fahn S, Marsden CD, Calne DB, Goldstein M, eds. Recent Developments in Parkinson’s Disease, Vol 2. Florham Park, NJ. Macmillan Health Care Information 1987, 153-163, 293-304.